有限会社井口不動産 > 有限会社井口不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売買を検討している人必見!ホームインスペクションの意味とは?

不動産の売買を検討している人必見!ホームインスペクションの意味とは?

≪ 前へ|不動産を内緒で売却する方法はある?メリットとデメリットは?   記事一覧

不動産の売買を検討している人必見!ホームインスペクションの意味とは?

住宅を購入する前や売却する際などに、ホームインスペクションをおこなうことが望ましいとされています。
安心して売買できるように、住宅の状態をしっかり確認しておくべきです。
ホームインスペクションとは具体的に何をすることをいい、費用はどのくらいかかるのでしょうか。
今回は、ホームインスペクションの流れや期間についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ホームインスペクションの意味とは?費用相場も紹介

ホームインスペクションとは、住宅診断士や建築士などの専門家が住宅の劣化状況や改修が必要な箇所などを確認し、どの程度の補修工事が必要かをアドバイスすることをいいます。
主に、住宅の購入希望者が、その住宅に住むことの安全性を確認する意味で依頼することが多いです。
診断は基本的に目視でおこないますが、希望があれば機材や道具を使用することもあります。
目視でホームインスペクションをおこなう場合の費用相場は5万円~7万円前後です。
ただし、専用の機材を使用したり、床下や屋根裏に入り込んでの診断を希望したりした場合は、10万円以上になることもあります。
住宅診断士などの人件費や出張費、調査機器にかかる費用、報告書作成にかかるコスト、広告宣伝費などがその内訳です。
ホームインスペクションを依頼する業者を選ぶ際は、料金をしっかり比較することをおすすめします。

ホームインスペクションの意味とは?流れや期間を紹介

まずは、ホームインスペクションを依頼する業者を決めます。
住宅周辺の地図・建物配置図・平面図・立体図・断面図のほか、地盤調査書や壁量計算書など、建物の情報がわかる資料をそろえておきましょう。
業者に見積もりを依頼し、その内容に納得できたら診断日時を決定します。
そろえた必要書類を提出し、申し込みをおこなってください。
指定した日時に依頼者立ち合いのもとでホームインスペクションがおこなわれ、報告書の提出、精算という流れになります。
ホームインスペクションの申し込みをしてから実施までにかかる期間は、おおよそ1週間です。
時間に余裕を持って申し込みの準備をするとよいでしょう。
また、当日の診断にかかる時間は2~3時間程度といわれています。
床下や天井裏に入って調査する場合はもう少し時間がかかるため、事前に確認しておくと安心です。

まとめ

ホームインスペクションの意味をしっかりと理解し、依頼すべきかどうか慎重に判断することが大切です。
申し込みから報告書提出までの一連の流れや、実際にかかる時間なども把握しておき、スムーズにホームインスペクションを受けられるようにしましょう。
伊那市・駒ヶ根市の不動産売却・中古住宅なら有限会社井口不動産お任せください!
売却を検討されている方は、売却査定も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を内緒で売却する方法はある?メリットとデメリットは?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る