有限会社井口不動産 > 有限会社井口不動産のスタッフブログ記事一覧 > 競売を活用して不動産を購入!そのメリットとデメリットとは

競売を活用して不動産を購入!そのメリットとデメリットとは

≪ 前へ|みちガエル家・東春近   記事一覧   伊那駅伝2021|次へ ≫


競売を活用して不動産を購入!そのメリットとデメリットとは

不動産の購入を検討する際は、よりよい物件をできるだけ安価で購入したい、と考える方がほとんどでしょう。
競売では、一般的な相場よりも安く不動産を購入できる方法の一つです。
今回は、不動産の購入を検討される方に向けて、購入方法の一つである競売と、そのメリット、デメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時に押さえておきたい!競売の特徴とは

競売とは、裁判所によって執り行われ、入札方式で物件の購入希望者を募る物件の取引です。
金融者などの債権者が、債務者の返済が滞った際に、裁判所に申し立てて担保にしていた不動産を差し押さえることがありますが、こうして差し押さえられた不動産が競売物件として競売にかけられます。
物件に対しもっとも高い値段をつけた人が購入者となり、その代金は債務者の返済に充てられます。
競売は不動産の所在地を管轄する裁判所によって競売情報が公開されており、一般の方でも参加が可能です。

競売で不動産を購入するメリットとデメリット

競売物件を購入するメリット

競売物件には、相場よりも安い価格がつく場合が多く、その価格は6割~7割程度が一般的です。
競売物件を不動産会社などが落札し、リフォームやリノベーション後に価格を上乗せして販売をおこなうケースが少なくありません。
それだけ相場と比較して価格が安い点が、競売物件を購入する最大のメリットといえるでしょう。

競売物件を購入するデメリット

競売物件では、安く購入できる可能性が高い一方で、売主との直接的な取引でないことからさまざまなリスクが発生します。
通常の売買であれば、売主は物件を引き渡す前にその状態を整えておく義務を負いますが、競売物件の場合は売主が存在しないため義務がなく、事前の内見もできません。
そのため、競売物件では購入者が購入後に自ら物件の整備をおこなう必要があり、物件の破損や残置物、その他の不備があったとしても、購入者がその修繕費用を負担することとなります。
また、物件内に占有者がいる場合は、その立ち退き交渉も購入者が自らおこなう必要があります。
競売で入手する物件は、基本的に所有者が移転するだけにすぎず、物件の使用に際した問題の解決は購入者にかかるため、注意が必要です。

まとめ

今回は、不動産の購入を検討される方に向けて、購入方法の一つである競売と、そのメリット、デメリットについてご紹介しました。
競売は、比較的安価に、不動産業者では通常販売していないようなさまざまな物件を購入できる機会でもありますが、その分リスクを伴うため、注意が必要です。
入札前に物件を下見しておく、競売情報に詳しい不動産会社に相談するなどの対策を取り、注意点を理解した上で競売に参加することで、メリットを得られるでしょう。
伊那市・駒ヶ根市の不動産売却・中古住宅なら有限会社井口不動産お任せください!
売却を検討されている方は、売却査定も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|みちガエル家・東春近   記事一覧   伊那駅伝2021|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る