有限会社井口不動産 > 有限会社井口不動産のスタッフブログ記事一覧 > 家購入時の住所変更とは?住宅ローンや登記について解説!

家購入時の住所変更とは?住宅ローンや登記について解説!

≪ 前へ|自然に囲まれた長野県伊那市の魅力!とっておきのカフェをご紹介   記事一覧   長野県伊那市の買い物スポットをご紹介!お住まいをお探しの方必見!|次へ ≫

家購入時の住所変更って?住宅ローンと登記と車庫証明は?

マイホーム購入を検討している方のなかには、家購入時の住所変更について知りたい方もいるかと思います。
ここではそんな方に向けて、住宅ローンの申し込みは新住所の住民票が必要になることやその際のメリット、所有権移転登記などが必要なことやマイカー所有者の車庫証明などについてご紹介していきます。
家の購入を検討している方の、少しでも参考になれば幸いです。

弊社へのお問い合わせはこちら

家購入時の住所変更における住宅ローン申し込みは新住所

家購入時の住所変更における住宅ローン申し込みでは、新住所の住民票が必要となります。
その理由は、居住用に使用することを条件に住宅ローンは金利が低く設定されており、新住所の住民票は居住用の家である証明になるからです。
メリットとしては、次のことがあります。
住宅用家屋証明書を申請するのに、現住家屋の処分を証する書面を添付しなくて良いので、その分用意する書類が少なく済みます。
そしてすでに新住所での登記がされていることにより、引っ越し後の住所変更登記の手続きや銀行への住民票の提出が必要ないので、その分手間や費用を抑えることが可能となります。
引っ越し前の住所変更は不動産購入者にとってメリットがあり、住宅ローン契約の事情があるならば役所からの柔軟な対応が期待できるので、まずは役所へ相談してみましょう。

家の購入では住所変更の他に所有権移転登記が必要

家の購入では、住所変更の他に所有権移転登記が必要です。
住所は、登記申請時の住民票に記載されている住所が記録されることになるので、新住所での所有権移転登記がおすすめです。
その理由は、旧住所での登記では後に住所変更が必要になったり、申請書作成や法務局に出かけたりなどの手間や時間がかかることになるからです。
メリットとしては、次のことがあります。
まず、売買の残金決済の後に必要な手続きや、必要書類を抑えることができます。
そして、引っ越し前後の忙しい時期に住所変更登記しなくて良いので、その分負担を減らすことができます。
とは言えこの場合にも、引っ越し前に住民票を移動しなくてはならず、役所への交渉が必要となります。

家購入時の住所変更におけるマイカー所有者の車庫証明

家の購入の際にマイカーを持っているのであれば、車庫証明の変更手続きが必要になる可能性があります。
普通車や軽自動車、車の車種や自治体によって手続きが必要かどうかは異なるので、確認しておくことが大切です。
そして車庫証明は住所変更日から15日以内に再取得しなくてはならず、万が一期限内に手続きしなかった場合は、10万円以下の罰金が科されるペナルティとなるので注意が必要です。
申請してから交付されるまでには長くて一週間程度かかることもあるので、スケジュールは余裕を持つことが大切です。

まとめ

家の購入時の住所変更について、住宅ローンと所有権移転登記と車庫証明について踏まえながらご紹介してきました。
住所変更と所有権移転登記を新住所でおこなうには、いずれも役所への交渉が必要ですし、車庫証明が必要な場合には手続き期限を厳守するようにしましょう。
伊那市・駒ヶ根市の不動産売却・中古住宅なら有限会社井口不動産お任せください!
売却を検討されている方は、売却査定も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|自然に囲まれた長野県伊那市の魅力!とっておきのカフェをご紹介   記事一覧   長野県伊那市の買い物スポットをご紹介!お住まいをお探しの方必見!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る