有限会社井口不動産 > 有限会社井口不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却理由を例とともに解説!理由は買主に伝えるべきか?

不動産の売却理由を例とともに解説!理由は買主に伝えるべきか?

≪ 前へ|不動産を共同名義にするメリットとデメリットとは?注意点も解説   記事一覧   マイホームを「ペアローン」で購入するメリットとデメリットとは?|次へ ≫

不動産の売却理由を例とともに解説!理由は買主に伝えるべきか?

不動産を売却する理由は人によってさまざまです。
今後の生活を見据えたライフプランニングの一つであったり、離婚や相続による資産の分割のためであったりと、その人にとって大きな選択であることには間違いありません。
今回は不動産を売却する理由と、売却に至った理由を買主に伝えるべきかについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却する理由トップ5!5つの売却例を紹介

もっとも多い売却例は、「相続した不動産の処分のため」です。
不動産を相続したとき、税金や遺産分割の関係で、早急に売却しなくてはならない場合があります。
相続した家に誰も住まないのであれば、なおのこと売却するケースが多いでしょう。
次に多いのが「より理想的な住まいへの住み替えのため」です。
結婚や出産を機に住み替えを検討する夫婦は少なくありません。
その際、それまで住んでいた夫名義の家を売却し、売却資金を次の住宅ローンの頭金にするケースがあります。
また、子どもが巣立ってからの生活に向けて住み替える場合もあるでしょう。
3番目の理由は「住宅ローンの支払いが難しくなったため」です。
思わぬトラブルによって家計が変化し、毎月の住宅ローンを払えなくなる場合もあります。
抵当権を外すには金融機関に残代金を支払う必要があり、家の売却資金を充てることがほとんどでしょう。
4番目の理由は「まとまった資金が必要になったため」です。
老後資金の調達や相続による代償分割では、一度にまとまった資金が必要です。
大きな資金を得るためにまず考えるのが、不動産売却であることが多くあります。
5番目の理由は「転勤のため」です。
家を買った後にやむを得ず転勤になることもあります。
短期間で戻れるのであればそのまま残すことが多いですが、転勤先に長くいるとわかっている場合は、売却して次の家の頭金にする場合もあるでしょう。

不動産を売却する理由は買主に伝えるべきか?必須な場合と対処法

不動産を売却する場合、買主に理由を聞かれることがあります。
住宅の瑕疵や事件の有無など、買主の不利になることは説明義務がありますが、デメリットにならないプライベートな理由であれば、すべてを話す必要はありません。
ただ、理由を隠されると買主の心証が悪くなり、購入してもらえなくなる恐れがあります。
また、売主にとっては取るに足らない理由でも、不動産業法上説明義務を持つこともあります。
売却する際、不動産会社に理由を伝えるべきか相談してみるのが良いでしょう。

まとめ

以上、不動産を売却する理由と、売却に至った理由を買主に伝えるべきかについてご紹介しました。
不動産を売却する理由は、買主側にとっては重要な要素であることが多いです。
すべて伝えるべきか否か不動産会社に確認し、売却を進めるのが好ましいでしょう。
伊那市・駒ヶ根市の不動産売却・中古住宅なら有限会社井口不動産お任せください!
売却を検討されている方は、売却査定も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を共同名義にするメリットとデメリットとは?注意点も解説   記事一覧   マイホームを「ペアローン」で購入するメリットとデメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る