有限会社井口不動産 > 有限会社井口不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を内緒で売却する方法はある?メリットとデメリットは?

不動産を内緒で売却する方法はある?メリットとデメリットは?

≪ 前へ|疲れたときは心落ちつく神社を訪れよう!伊那市にあるおすすめの神社2選   記事一覧   不動産の売買を検討している人必見!ホームインスペクションの意味とは?|次へ ≫

不動産を内緒で売却する方法はある?メリットとデメリットは?

転勤で引っ越しする場合や、新しい家を買った場合など、不動産を売却する理由はさまざまです。
家庭の事情や金銭的な理由で不動産を売りたいと考える方も、なかにはいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、内緒で不動産を売却するケースについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を内緒で売却するメリットとデメリット

不動産を内緒で売ることは可能ですが、この場合メリットとデメリットがあります。
それぞれを理解したうえで、納得した取引をおこないましょう。
まず内緒で売却するメリットとしては、ご近所に気づかれないことです。
一般的な売却方法ですと、理由を詮索されるかもしれませんし、お子さんがいる家庭ですと、ご近所に同じ年齢の子どもがいれば、子ども同士で引っ越しの話題が出る可能性もありますよね。
内緒で売却する場合は、このような状況にストレスを感じることはないでしょう。
また広告を出さなければ、ご近所のみならず広く知られることはありませんよ。
一方デメリットとしては、広告を出さないことにより、購入希望者が現れにくいことです。
長い期間売れないことで、物件に対する印象が悪くなりますし、価格を下げなければならなくなる可能性がありますよ。

不動産を内緒で売却する方法とは?買取がおすすめ!

不動産を売却する際は、不動産会社に宣伝・販売活動を依頼する方法が一般的ですが、内緒で売却したい場合は通常とは違い、次のような流れになります。
まずは複数の不動産会社に査定を依頼し、相場を知りましょう。
そして一社に決めたあと、内緒で売却したいと申し出てください。
媒介契約を結ぶと、不動産会社は広告を出さずに購入希望者を探します。
たとえば物件を探しに来た人だけに、店頭で紹介するといった方法をとってくれるわけです。
契約する際には、専任媒介契約や専属専任媒介契約を結ぶと、より積極的に販売活動をしてくれますよ。
購入希望者が現れれば、内見に対応し、気に入ってもらえれば売却できます。
しかし、広告を出さない方法では時間がかかるケースが多く、希望の金額では売れない可能性が大きいのが現実です。
できるだけ早く内緒で売却したい場合は、買取がおすすめです。
売却する相手が業者ですから、プライバシーが守られ、スピーディーな取引が可能ですよ。
ただし、条件はもちろんのこと、親身になってくれるスタッフがいるかどうかなど、慎重に見極めて業者を選ぶように注意してくださいね。

まとめ

不動産を内緒で売却する際には、メリットとデメリットの両方を理解したうえで検討することが大切です。
不動産会社に事情を伝えれば、広告を出さずに売却することは可能ですが、時間がかかります。
内緒で売却したいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、買取を検討してみてはいかがでしょうか。
伊那市・駒ヶ根市の不動産売却・中古住宅なら有限会社井口不動産お任せください!
売却を検討されている方は、売却査定も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|疲れたときは心落ちつく神社を訪れよう!伊那市にあるおすすめの神社2選   記事一覧   不動産の売買を検討している人必見!ホームインスペクションの意味とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る